PMSを改善するハーブ、ブラックコホシュ

ハーブティー

北米原産のブラックコホシュ(black cohosh)は、キンポウゲ科の植物で白い小さな花を咲かせます。こぶだらけの木質根に有効成分があると考えられており、ほてり、のぼせといった更年期障害、片頭痛、月経痛、月経不順、月経出血、PMS(月経前緊張症)など女性の症状を緩和する効果があると考えられてきました。アメリカの先住民は「女の根」と呼び19世紀の終わりには有効成分の研究が行われエストロゲン刺激作用を持つことが確認されています。天然の薬草療法に使われてきたブラックコホシュは、チェストツリー(チェストベリー)とともにサプリメントのような形で摂取されると良いようです。

ハーブティー

PMSを改善するブラックコホッシュ

ブラックコホッシュは、PMS(月経前緊張症)のイライラ・睡眠障害をはじめとして女性のあらゆるトラブル、排卵痛・月経痛・大量出血、異常出血、頭痛やほてりやのぼせなどの症状があらわれる更年期を和らげる効果がありドイツでは、40年前に治療薬として正式に承認されています。

ブラックコホッシュが、月経痛を和らげる理由

ブラックコホシュ女性は卵胞期に入ると排卵日までエストロゲンを大量に分泌します。ところが排卵日が過ぎると一気にエストロゲンが減少しプロゲステロンが大量に分泌されます。

ブラックコホッシュがPMS(月経前緊張症)や月経痛を和らげる理由は、エストロゲン刺激作用があるからです。ブラックコホッシュは子宮や筋肉の緊張を和らげ正常な周期に戻す働きをします。無気力で憂鬱な気分になる生理前後の不快な状態は、8割から9割の女性にみられます。

病気ではないのでそのまま何もしずにガマンする女性が多いようです。婦人科で低容量ピルを処方してもらうのも1つの方法ですが、サプリメントでためしてからでも遅くないのかもしれません。

※ブラックコホシュ配合サプリ→【生理前対策PMSサプリ】ルナベリー

ブラックコホッシュでほてりや寝汗を改善する

ドイツの研究ではブラックコホシュで閉経前の更年期症状(ほてりや寝汗)の改善が見られたと結論づけています。乾燥ハーブからお茶を作る、あるいはブラックコホシュ配合のサプリメントやカプセルで摂るのが手軽で続けやすいです。

コメントを残す

PAGE TOP