生理前の吐き気・女性特有の胃のムカムカを抑える方法

吐き気がする

生理前に吐き気や胃のムカムカありませんか?認識されていないのですが下腹部痛やイライラと同じPMS(月経前緊張症)の症状なのです。予定日に気持ち悪くなるともしかして妊娠?陽性反応?と勘違いしそうになりますよね?PMSの症状には個人差があります。情緒不安定になりイライラする・怒りっぽくなる・落ち込むといった精神的な症状のほか耳鳴り・めまい・寒気・頭痛・水のような下痢・手足のしびれ・腰痛・ほてり・むかつき・胃もたれ・便秘など身体的症状やあらわれ方は、それぞれです。

お腹が痛い

女性に多い吐き気を伴う病気の症状

疑われる病気 症状 どんなとき どのような 経過 受診科
月経困難症 吐き気嘔吐 生理中 腰痛・下腹部がはる・食欲不振 生理が終わると治る 婦人科
PMS(月経前緊張症) 吐き気嘔吐 生理前 腰痛・乳首や乳房が痛い・食欲不振 生理が終わると治る 婦人科
PMDD(月経前不機嫌性障害) 吐き気嘔吐 生理前 ヒステリックに叫ぶ落ち込む不安になる 生理が終わると治る 婦人科
子宮外妊娠 吐き気嘔吐 妊娠の可能性あり 性器からの出血 強い下腹部痛と出血 婦人科
つわり 吐き気嘔吐 妊娠の可能性あり 食べ物の好みが変わる 生理が遅れている 婦人科
うつ病 吐き気嘔吐 気分が沈むやる気がおきない 頭痛や動悸 心療内科
心因性の嘔吐 吐き気嘔吐 ストレスがある 検査を受けても原因が見つからない 心療内科
薬の副作用 吐き気嘔吐 薬の服用後 主治医

吐き気がする

女性特有の症状を抑える薬

鎮痛解熱剤のロクソニン、カロナールは、病院で処方されることも多い万能薬。自宅の薬箱に入っているのではないでしょうか?子どもたちが風邪をひくと処方されるおなじみの薬です。効能として月経痛の症状を和らげる効果があるのでロクソニンやカロナールを飲む女性も少なくありません。どちらも胃の負担が少なく眠くならない(眠くなりにくい)お薬です。そのほか市販薬では、女性特有の症状を緩和するイヴA錠やバファリンを飲む人もいます。女性のホルモンバランスを整えるなら和漢とビタミンで治していく命の母。(命の母ホワイト)など。PMDD(月経前不機嫌性障害)やPMS(月経前緊張症)などは、命の母が1番効くのかもしれません。最近承認されたプレフェルミンなども多くの女性が症状が改善したと答えています。

不快な症状PMS(月経前緊張症)を認識していない女性も多い

生理前や生理中に不快な症状があっても女性の多くは、PMS(月経前緊張症)やPMDD(月経前不機嫌性障害)あるいは、月経困難症の自覚がなかったり認識していないことも多いようです。不快な症状が起こるのは排卵から月経までに分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって脳内の物質GABA)や水分代謝に影響するから。数日のガマンだからと耐えて過ごす人がほとんどですがカラダの不調は改善していきたいものですね。

コメントを残す

PAGE TOP