寝ても寝ても眠いのは、黄体ホルモンのせい月経前過眠症を治す方法

過眠症

眠りのバランスが崩れやすいイライラしやすい生理前や生理中。寝ても寝ても眠いという方少なくありません。女性周期に合わせて分泌されるプロゲステロンの量が増えるため毎月睡眠リズムが狂います。

寝ても寝ても眠い月経前過眠症を治し方

排卵後に分泌されるプロゲステロンは、眠気を引き起こす黄体ホルモンで夜間に寝ても寝ても昼間に強烈な眠気に襲われるのは、月経前過眠症だから。過眠症だけど睡眠障害というより女性特有のPMS(月経前緊張症)の症状に近い症状なのでPMS改善サプリや治療薬・漢方薬などが効果的です。

過眠症

不眠も過眠も睡眠障害で夜眠っていないから朝起きれません。夜眠っても質が質の良い眠りではないため昼間も眠気に襲われ起きていられません。そのため仕事や学業に支障が出たり、交通事故の可能性が高まります。

睡眠障害と症状と原因

病名 原因
月経前過眠症 月経周期に合わせて発症、生理前に強い眠気おそわれる。PMS(月経前緊張症)が原因
ナルコレプシー(居眠り病) 日本人の600人に1人程度患者がいる、夢を見る回数が多く悪夢にうなされる。レム睡眠とノンレム睡眠の切り替わりで中途覚醒による金縛りを起こしやすい。ヒポクレチンやオレキシンを作り出せないのが原因
睡眠時無呼吸症候群 眠っているとき呼吸が止まるため酸欠状態に陥り深い睡眠をとれないのが原因
閉経時不眠症 閉経前後に寝ても寝ても眠くなったり夜寝付けないなどの症状が出ます。
睡眠不足症候群 長時間の睡眠不足が原因、平日の睡眠時間が短く休日10時間以上寝るタイプに多い

日本人に多い過眠症ナルコレプシー

世界的な統計では、ナルコレプシーの患者は、2000人に1人といわれています。しかし日本人は、600人に1人という割合で発症しており世界でもまれにみる。世界と比べてナルコレプシーを発症しやすい国なのです。主な原因は、ヒポクレチンや視床下部から分泌されるオレキシン不足といわれており金縛りにあいやすい人、昼間やたら眠い人、悪夢にうなされやすい人は、要注意。

オレキシンと呼ばれる睡眠ホルモンが不足した状態なので夢遊病や寝ぼけ・肥満につながります。気になる方は、睡眠サプリメント休息サポートサプリメント、サポート飲料 北の大地の夢のしずくなどを活用するといいかもしれません。

生理前後の睡眠不足解消法

症状が生理前や生理中の場合月経前過眠症の症状といえます。過眠症の定義としては、一日10時間以上の睡眠が2週間以上続き、昼間に何度も居眠りをしてしまう場合、月経前過眠症は、生理の10日から3日くらい前に発症します。どれだけ寝ても昼間眠くなる、寝覚めが悪い寝付きが悪い、寝ぼける、金縛りに合う生理前の不快な症状が続くようなら睡眠サプリよりPMS(月経前緊張症)改善サプリを飲み始めたほうが効果的です。

コメントを残す

PAGE TOP