うずくまるような月経困難症に効くブスコパン注射

ボルタレンサポ

おなかがぎゅうっとつかまれるような痛み、うずくまるような生理痛。ガマンできる程度なら良いのですが激痛で仕事やプライベートに支障が出るレベルなら月経困難症の疑いがあります。子宮内膜症や子宮筋腫が見つかるケースもあります。早めに病院の診察を受けましょう。

 

市販の鎮痛剤で治らない‥効果がない

市販の鎮痛剤などで対処できるなら、バファリンルナ、セデス。即効性を重視するなら座薬を使います。座薬は、肛門から直接吸収されるので時間にして10~20分程度で効果があらわれます。今すぐ治したい痛みには、座薬が便利です。ボルタレンサポには鎮痛効果があり、症状を和らげてくれます。

 

ボルタレンサポ

うずくまくるような痛み冷や汗が出て顔面蒼白になるような場合は、胃痙攣の薬「ブスコパン錠」を用意しておきます。痙攣性の生理痛・過多月経、過少月経・月経困難症に効果があるからです。緊急時は、同様にブスコパン注射も効果的。注射後30分位で効果があらわれます。緊急でかつぎこまれると、注射を打たれることも多いようです。

押しよせるような痛みには、ブスコパン錠やブスコパン注射

陣痛のように押しよせるような痛みには、ブスコパン錠やブスコパン注射がききますが、漢方薬で治す場合「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」も即効性が高いので選択肢に入れておくと良いでしょう。

漢方治療・漢方薬で月経困難症を改善

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)が合わない場合は、五苓散(ごれいさん)安中散(あんちゅうさん)も負担が少ないです。漢方は、合う合わないがありますが、穏やかに緩く効くイメージがあるものの体質や相性があえば即効性が高いのでとりいれてみてもいいかもしれません

漢方薬 こんな人に効く・こんな痛みに効く
芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう) 筋肉のけいれんをともなう疼痛。即効性があり症に関係なく用いることが出来ます。※最初は、効かなかたっとしても腸内で分解されたあと次回服用時には、効果を得やすいそうです。
五苓散(ごれいさん) 生理中の吐き気・嘔吐・頭痛などに。芍薬甘草湯の副作用で浮腫が出た人にも効果的。
安中散(あんちゅうさん) 本来、胃痛の薬。胃腸が弱く鎮痛剤を飲むと副作用がでやすい人向け
生理時の2大トラブル、月経困難症とPMS

生理時のトラブルといえば月経困難症とPMSですが、PMSには、抑肝散(よくかんさん)や柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)加味逍遥散(かみしょうようさん)などが有効です。これらのトラブルは、女性に生まれたから仕方ないとガマンする人も多いのですが、サプリメントや漢方をとりいれないよりは、取り入れたほうが1ヶ月を健やかに過ごせるので随分違うものです。

コメントを残す

PAGE TOP