PMS

 

PMSを治す方法  解説 メリット デメリット  効果 費用
低用量ピルによるホルモン療法  避妊などの目的で使用される低容量ピルは婦人科で処方してもらう。1999年承認された「低用量ピル」2010年に認可を受けた「超低用量ピル」がある。21日間服用する21錠タイプと28日間服用する28錠タイプがある。毎日飲むことで飲み忘れを防ぎたいなら28錠。お薬を飲まない時期が欲しいなら21錠タイプを選ぶ。富士製薬のファボワール21とファボワール28、ラベルフィーユ21、ラベルフィーユ28。あすか製薬のアンジュ21 、アンジュ28がある

副作用がでやすい中用量、高用量ピルより不快な症状が出にくい。

月経困難症(生理痛)でピルを服用する場合、健康保険の適用がされる

肌トラブルも改善する 血栓ができやすい ピルの服用をやめると妊娠しやすくなる 診察料+ピルの値段2500円
頭痛薬・鎮痛剤を飲む  頭痛薬。鎮痛剤。バファリンルナiなどを飲む 1490円
サプリメントを飲む
  1.  PMS専用サプリめぐルナ
  2. 【生理前対策PMSサプリ】ルナベリー
  3. 毎月の生理をおだやかに。「女性のミカタ」
  4. アサイーノニ
  5. 女性の悩みに ハーブ系青汁のめぐりごごち「楽・月・花」
生活改善 食事や運動・睡眠など生活環境を整える。塩分・脂分・アルコールの過剰摂取を控える。運動で血行を改善する、毎日睡眠環境を整える
命の母  ドラッグストアなどで購入
プレフェミン  ドラッグストアなどで購入できる。ただし取扱店舗のみでどこでも販売されているわけではない、残念なら2015年から2018年までは、オンライン通販で販売されることはない。 取扱店舗のみ購入できる 1800円+税
漢方薬で治す 婦人科・女性外来・漢方医に処方してもらう

  1. 桃核承気湯(とうがくじょうきとう)
  2. 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  3. 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  4. 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  5. 女神散(にょしんさん)
  6. 抑肝散(よくかんさん)
  7. 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
 1ヶ月分6000円~
向精神薬療法 PMS(月経前緊張症)より症状が強いPMDD(月経前不機嫌性障害)の場合、心療内科や精神科を受診。向精神薬を処方してもらう。イライラ、うつ、意欲低下、不安感、記憶力低下などの症状が強い場合有効。医師と患者二人三脚で半年から1年と時間をかけて治療が必要。抗不安薬。抗うつ薬、睡眠薬など精神症状を和らげる向精神薬を用いることもある 頭痛や眠気あり
ハーブ ハーブは、種子、実、根、樹皮に薬効がある。水蒸気蒸留した精油は、アロマテラピー(芳香療法)として使用される。サプリメントで利用する方法だと続けやすい。 サプリメントで体質改善 副作用があることも。  –

PMSの改善法

コメントを残す

トラックバックURL

http://www.nursestation.info/pms/trackback

PAGE TOP